‘卒業・入学式’ カテゴリーのアーカイブ

平成31年度入学式を挙行しました。

2019年4月8日 月曜日

4月8日(月),瀬戸高校では平成31年度入学式が行われました。

前日には,激しい雨が降りましたが当日はうって変わって式にふさわしい快晴でした。

入学式の式辞で校長先生は本校の校訓である「尚学・自主・健康・協調」について、

尚学:意欲をもって勉学に励んでほしい。

自主:自らが意識的に行動してほしい。

健康:心身共に健康であり,良好な人間関係を築いてほしい。

協調:仲間とつながる,社会とつながる力をつけてほしい。

と,一つ一つに願いを込めて,その意味を説明しました。さらに「皆さんが卒業したときには,18歳で成人とみなされる。大人としての自覚と社会に貢献できる力を,瀬戸高で身につけて卒業してほしい。」という願いも添えられました。

           歓迎の横断幕 書道部の力作です。

式前の様子

開式の辞

新入生宣誓

校長式辞 「創立111年目の生徒として瀬戸高校の伝統を受け継いでほしい」と話されました。

校歌斉唱 平成の年号では最後になるであろう全校生徒での校歌斉唱

1年団紹介 中野先生を学年主任とした新たな学年団の紹介

新入生退場

新入生の保護者の皆様,本日は誠におめでとうございます。本校教職員一同,この日を心待ちにしており,お子様をお預かりして,教育活動に邁進して参る所存でおります。

何卒よろしくお願い申し上げます。

第66回卒業証書授与式

2019年3月4日 月曜日

去る3月1日(金)、第66回卒業証書授与式が挙行され、3年生151名が、多くの方々に見守られ、瀬戸高校を巣立っていきました。

卒業生のみなさん、並びに保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。

瀬戸高生であったことを誇りに、新天地でますます活躍してくれることを祈願しています!

在校生のみなさん、今日の先輩の立派な姿を忘れず、幸せな卒業に向けて頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場となった本校体育館前と玄関の様子。在校生も案内や受付の手伝いをしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年1組、3年2組の入場の様子。担任に引率されるのもこれで最後です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年3組、3年4組の入場。緊張感が高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年5組の入場。さあ、主役がそろいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開式の前に在校生による歌の贈り物がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業証書授与の様子。卒業生を代表し、伊賀大起君が、校長より卒業証書を受け取りました。おめでとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本校校長による式辞、来賓祝辞の様子。未来に向けての責任感と決意を奮い立たせられるようなお言葉をいただきました。その他、心のこもった祝電やメッセージを数多くいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

在校生代表(現生徒会長)による送辞と卒業生代表(前生徒会長)による答辞の様子。

先輩から後輩に受け継がれる思いや、保護者の方々に対する感謝の気持ちにあふれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、式も終わり、卒業生の退場。体育館の出口で担任の引率を離れ、自分たちだけで体育館を後にします。

何か象徴的で、毎年ジーンとくるシーンです。この後、各教室で最後のHRを行います。

 

 

 

 

 

 

 

平成30年度入学式を挙行しました。

2018年4月16日 月曜日

4月9日(月),瀬戸高校では平成30年度入学式が行われました。

入学式の式辞で,乙部憲彦校長は本校の校訓である「尚学・自主・健康・協調」について,

尚学:自ら学ぶ姿勢を持ってほしい。
自主:自ら意欲的に取り組んでほしい。
健康:心身ともに健全で,良好な人間関係を築いてほしい。
協調:仲間とともに地域とつながり,社会に貢献できる力をつけてほしい。

と,一つ一つに願いを込めて,その意味を説明しました。

御来賓の岡山県議会議員・西岡聖貴様は,祝辞の中で御自身が本校のOBであることに触れられ,
「合格発表の時の喜びを覚えていますか?それを忘れずにクラスメイトとの友情を大切にしてほしい」
と,新入生に熱いエールを送ってくださいました。

今年度も,やる気に満ちた新入生160名を迎えることができ,教職員一同,身が引き締まる思いです。
新入生全員が,高校生活の良いスタートを切れるよう,全力でサポートして参ります。

 

 

第65回卒業証書授与式を挙行致しました。

2018年3月1日 木曜日

瀬戸高校は3月1日(木)午前10時より、第65回卒業証書授与式を挙行致しました。

保護者の皆様におかれましては、ご多忙中にもかかわらず足をお運びくださり、お子様方の成長された姿をご覧になられて感慨ひとしおのことと拝察いたします。御来校、まことにありがとうございました。

ならびに、このたびの卒業証書授与式に際しまして、岡山県教育委員会、瀬戸高校OBでもある赤磐市長、中学校、PTA、地域の皆様など、多数の御臨席を賜り、各界から多くの祝電をいただきましたこと、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。

本校校長・乙部憲彦は式辞の中で、2年前に突然の体調不良で一時は歩くこともままならなかった女子生徒のことに触れ、懸命の努力で進路希望を実現しようとしている彼女の頑張りを讃えたい、そしてそんな彼女を温かく見守り、支えてきた心優しい皆さんを誇りに思う、と話しました。

また、この世の中には「光」と「陰」があることに気づいてほしい、陰に光をあてることができる人間に成長し、また、陰の中でもたくましく生きていってほしい、と熱いエールを送りました。

本校職員一同、本日の晴れの日を迎えられましたことを大変嬉しく思いますとともに、お子様方一人ひとりの未来に、幸多からんことを祈念しております。

ご家庭におかれましては、高校生活を全うしたお子様方を、ぜひとも讃えてあげてください。

三年間、大切なお子様方を瀬戸高校にお任せいただき、本当にありがとうございました。

ご卒業、まことにおめでとうございます。

平成29年度入学式を挙行しました。

2017年4月10日 月曜日

瀬戸高校は,4月10日(月),平成29年度入学式を挙行しました。

グラウンドの桜も満開の中,本校に入学した新1年生の皆さん,おめでとうございます。
入学式において,乙部憲彦校長は式辞の中で新1年生に向けて,「入学おめでとう。今日の気持ちを忘れず高校生活を送ってほしい。瀬戸高校は来年で110周年を迎える伝統校。正門奥の校訓碑に刻まれている『尚学・自主・健康・協調』の意味を胸に刻んでもらいたい。」という言葉とともに,次の3つの「お願い」をしました。

1. 夢や目標を持とう。それらは,持たなければ叶わない。小さな目標でもいい。それを積み重ねて高校生活を送ろう。

2.しっかりとしたコミュニケーションが取れる人間であってほしい。世の中の企業経営者たちも口を揃えて「大切だ」というこのコミュニケーション能力を,絆づくり,総合学習の時間にしっかりと身に付けてほしい。

3.何事にも「ひたぶるに(校歌の一節にある言葉:「一途に」の意)」取り組んでほしい。

来賓の福島恭子県議会議員からも「人間力が大事。夢を持つ高校生活にしてほしい。」とエールを送っていただきました。

新入生の保護者の皆様,本日は誠におめでとうございます。本校教職員一同,本日を心待ちにしており,お子様をしっかりとお預かりして,教育活動に邁進して参る所存です。

何卒よろしくお願い申し上げます。

歓迎の横断幕

 開式の辞

新入生宣誓

校長式辞

1年担任団紹介

グラウンドの桜

校訓碑